IPO 新規公開株

IPO割当一覧

 銘柄名  SBI  マネックス  KABU.com  野村  大和  三菱 日興 みずほ 岡三 その他
SERIOホールディングス(6567) 幹       主幹 幹    幹  幹  エース証券:幹 
ジェイテックコーポレーション(3446) 幹  幹          主幹 幹  幹  エース証券:幹
東洋証券:幹 
Mマート(4380) 幹  幹      幹    主幹  幹   
ザイマックス・リート投資法人(3488)           主幹 幹     
世紀(6234)  幹     主幹    幹   幹  幹  岡三オンライン:委託
極東:
CREロジスティクスファンド投資法人(3487)     委託   幹  幹  主幹 幹     

※主幹=主幹事、幹=幹事、委託=委託幹事となっており、基本的には主>幹>委託の順で割当株数が多い

IPOとは?

IPOとは未公開企業が東証などに上場する際に行こなう株式公開のことを言います。
新規公開株やIPO株などとも言われ、IPO株の取引のみを専門にしている投資家も存在します。

なぜIPOがそこまで注目されるかというと、IPO株は公募価格よりも新規上場価格が高くなる可能性が高いからです。
例えば1000円で公募されたA社が上場時に2000円の値が付くという感じです。

となれば、全員IPOで儲けることができると考えるかもしれませんが、そんなに簡単にはいきません。
なぜなら、IPOの公募は抽選となっているからです。

IPO株を獲得するためには、幹事となっている証券会社にてIPO株の手続きを行う必要があります。
窓口での取引の場合は、抽選以外にも担当の営業マンがお得意様へ優先的にIPO株を手配することもありますが、ネットを専業としている方は基本的にはIPO株の抽選に参加する必要があります。

IPOの抽選に参加するためには、まず証券会社で証券口座を解説する必要があるので、口座開設を行っていない方はぜひ開設してください。

ちなみに、IPO株の抽選は根気強く時間をかけて取り組めば成果につながる可能性が高いです。